HOMEトピックス一覧 / トピックス詳細

トピックス詳細

● 2017年度スローガン 「福島同友会40周年、第二創業の精神で、よい会社づくりを徹底しよう!」

(2017/05/23)

 福島県中小企業家同友会 第41期同友会定時総会、第23期組合通常総会が郡山市・ホテルハマツにて開催され、県内10地区から398名が参加しました。
 「福島同友会40周年、第二創業の精神で、よい会社づくりを徹底しよう!」~同友会型中小企業づくりの推進で、よい経営者を増やし、よい経営環境をつくる力になろう~をスローガンにした活動方針を満場一致で決定しました。
 記念講演講師には、(株)コミュニカ代表取締役社長・元アップルジャパン社長の山元賢治氏を迎え、「選ばれ続けるリーダーの条件」と題し、講演いただきました。
IMG_7429IMG_7270IMG_7322
活動の事業課題7項目
⑴経営指針の成文化と実践に全会員が取り組もう。
⑵中小企業憲章の推進・中小企業振興基本条例運動を強化しよう。
⑶魅力ある地区活動、委員会活動で、会員一人ひとりを主人公に。
⑷エネルギーシフトの学習推進と実践に取り組もう。
⑸よい会社づくりの推進で、東日本大震災・原発事故からの復興の力に。
⑹会内外に同友会の魅力を積極的に発信しよう。
⑺会員各社が就業規則の作成・改定を進め、働き方改革に取り組もう。

組織課題5項目
⑴会員一人ひとりが経営の辞書の1頁。45周年、2,500名の会を目指そう。
⑵同友会運動のパートナーとなる事務局の育成強化を行おう。
⑶青年部、女性部のあり方を検討し、福島同友会らしい組織化を目指そう。
⑷ベテラン会員の活躍の場を全県に広めよう。
⑸事業協同組合事業を充実させ、会員サービスの向上をしよう。

 議事終了後、2期4年間にわたり理事長を務めて頂いた千葉政行さんより、退任のご挨拶があり、松﨑健太郎会津地区会長の閉会宣言で組合総会は閉会しました。
 懇親会では、齋藤記子副理事長の開会挨拶、藤田光夫理事長挨拶の後、来賓を代表して、飯塚俊二福島県商工労働部長、品川萬里郡山市長よりご祝辞をいただきました。
 福内浩明郡山商工会議所常務理事の音頭で乾杯し、その後昨年度3名以上会員を紹介いただいた19名の方々の表彰がありました。
 宴もたけなわとなり、11月22日浜エリアで開催予定の「第41回経営者交流大会」のPRのため、浜エリアの皆さんが登壇。佐藤春治浜エリア長、中村純一経営者交流大会実行委員長から参加依頼が行われました。

 今年度も会員の皆さん一社一社で、よい会社づくりを推進してまいりましょう!






Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.