HOME地区一覧田村地区活動報告 > 活動報告詳細

活動報告詳細

● 「私の経営体験」酒販店後継者から漬物屋へ …食品づくりに懸ける想い
講師 ㈲壽屋漬物道場 社長兼漬物師範 横尾昭男 氏

(2017/08/17)

6 月20 日(火) 山形県東根市でりんご酢製造・漬物製造を営む横尾社長を講師に迎えました。 横尾氏は若い頃、商業界と出会い酒の安売りに熱中したそうです。ところが地元の酒小売組合から猛反対を受け、更には地元の酒の卸屋さんから酒を卸してもらえなくなり、仙台や関東まで仕入れに行ったそうです。
その頃、モラロジーという学問に出会い「三方よし」の考え方に出会います。商売は自分とお客さんだけが良くても長続きしない。従業員や取引先、そして社会全体を益する考え方が永続、繁栄するために必要な事を教えられたそうです。モラロジーの教えに共鳴し一大反省。モラロジーを人生の指針としたとの事でした。
商売も酒の小売から漬物屋へ変更。なかなか軌道に乗らず、それどころか社運をかけた新製品「茜姫」が不良品となり多額の負債を抱えることになった時期もありましたが、薬師寺の高田好胤管長との出会いがあって「茜姫」が全国に広がり、数年間で借金を返済されました。
現在は漬物の直売所の隣に漬物道場という教室を設け、婦人会などの各種団体に無料で漬物の漬け方を伝授しているそうです。
また、知人友人の経営指導をして繁盛店を何店も創り上げたり、社会福祉施設の立ち上げ、行政改革、教育改革、観光振興などマルチな活動を展開しているそうです。
人の為になることが人格を高め、廻りまわって自分に返ってくるという事を実践されているお話で参加者は感銘を受けていました。

▲8頁横尾昭男氏






Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.