HOMEトピックス一覧 / トピックス詳細

トピックス詳細

● いま、この人㈱キャレック  代表取締役社長 渡辺和寛 さん

(2018/03/08)

渡辺さんは2001年の入会で、いわき地区会員としての歴史はとても長いベテランさんです。現在、2年後を予定している代表交代に向けて準備しており、新たな学びを求めて積極的に同友会の活動に参加し始めています。会社の概要と同友会について ㈱キャレックは1973年に創業。自動車解体業と自動車及び自動車部品及び自動車用品の販売や海外への輸出入業務を行っております。渡辺さんは、早い段階から環境に配慮した経営を行い実践しています。また、同社では在庫管理を徹底し、リアルタイムの情報の中で部品を提供できることに強みを持っています。
渡辺さんにとって同友会は入会前には少なかった地元企業との人脈やつながりができ、仕事の相談なども行えるようになったということでした。実際に仕事でのつながりもできると、地元ということで顔をつき合せて話しができるため、信頼できるパートナーになっていったそうです。
同友会活動にあまり参加できていない期間があったものの、今後は会社を引き継いだ後のことも視野に入れ、同友会の活動にもっと参加していきたいとのことでした。

2年後の事業承継に向けて

現在、渡辺さんは63歳。2年後の65歳になる時の代表取締役の交代に向けて準備しています。今後、渡辺さんは会社を引き継ぐにあたって、従業員・売上・社内風土等できるところは整えていきたいとの考えがあり、交代までにさらにいい会社にして引き継ぎたいと話していました。
また、代表を譲る息子さんには同じ悩みを共有して相談できる人をつくってほしいとも話しており、今回の取材で渡辺さんが後継者へ手厚い配慮をされていることがとても印象的でした。

いわきにある〝いい会社〟

取材時には工場内も案内していただきましたが、とても広くて立派な工場であり、従業員の方々はしっかりと挨拶していていることも印象的で、今でも十分にいい会社だと言えるのではないかと思いまし
た。
私自身も負けないようにいい会社にしていかなければと思わせていただけた刺激のある取材になりました。

会社前で、息子の寛樹(右)さんと

会社前で、息子の寛樹(右)さんと






Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.