HOMEトピックス一覧 / トピックス詳細

トピックス詳細

● いま、この人 ㈱金丸家具店 代表取締役 佐 藤幸弘 さん(田村地区)

(2020/11/15)

展示即売会での学び

佐藤さんは高校卒業後、東京の百貨店で2年間修業してから実家に帰り、当初は婚礼家具をメインに毎日営業していたそうです。営業の毎日を商工会青年部の「青年の主張大会」で発表したところ、県の代表になって北海道東北大会へ出場したこともあったそうです。
その後、婚礼家具の営業もしながら、ビッグパレットふくしまで開催される「絨毯」の展示即売会にも参加するようになります。展示会後の反省会には必ず出席し、絨毯の専門業者、百貨店の売場担当者、絨毯専門の販売員の方々から絨毯や売り方についての知識を吸収してきたとのこと。いつしか自分が主催で展示会を開きたいと思うようになり、2011年11
月に郡山卸団地で絨毯の展示即売会を始めました。場所がビッグパレットと比べると会場費が安いので、品物の値段を安くすることができ、そのおかげで上手く集客につなげられたそうです。展示会での反省会では、各店ごとの集客数と売上のデータを取り、成績が悪い時は何が悪いのか検討し、どうやったら改善できるのかという話し合いを毎回行っていたようです。佐藤さんが作成した、お客様への購買意欲の掻き立て方や会場へ来て貰うための手法などが書かれた資料を拝見したのですが、営業コンサルが作っているのではないかと勘違いしてしまう位、とても勉強になる内容でした。

家具販売のみならず、内装工事も新たに着手

現在、佐藤さんの事業の売上比率は、これまで紹介してきた家具・高級絨毯よりも実は内装工事の方が多くなっているそうです。佐藤さんは、家の図面があればトータルコーディネートをしてその家にあった家具が売れると考え、2011年から新たに内装工事を始めたそうです。確かに家の間取りや窓の向き、洋室・和室それぞれに合わせた壁紙との相性まで考えてプレゼン出来るのは素敵だと思いました。それ以上に、実際に工事職を始めるバイタリティに感心してしまいました。 今年は、㈱金丸家具店の創業50周年記念展示会が11月14日(土)~16日(月)の3日間にかけ、小野町の多目的研修集会施設で開催されます。取材時は、「自分の地元で展示会を開催してお客様を他地域から小野町に来て頂きたい!!」と佐藤さんは熱い思いを語っていただきました。是非皆さんも11月の金丸家具店の展示会に来て見て下さい。

佐藤幸弘さん

ブランド家具が置かれたモデルルーム

ブランド家具が置かれたモデルルーム

取材の様子

取材の様子






Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.