HOME地区一覧あだたら支部活動報告 > 活動報告詳細

活動報告詳細

● 二本松市の未来を語る ~次世代のために今やるべきこと~
   報告者 弘栄建設工業㈲ 代表取締役 鈴木一弘さん

(2021/08/03)

7 月15 日(木) 二本松市の現在の人口は53,320人、合併当初から減少傾向にあり、これからも期待できない状況、このままでは二本松の発展は今後望めないと思い、今期で2期目となりますが議員として活動をしようと決意したそうです。
二本松市の目指す将来像は「笑顔あふれるしあわせのまち」1.健康で暮らし続けられるまち 2.地域の誇りに満ちた活力あるまち 3.世代をつないで人を育むまち 4.安全で快適な暮らしのあるまちです。
テーマにもある「未来を語る」は、未来はわからない あるのは現在の状況、行動が未来を変える、作っていくこと、 次世代のために今やるべきことは、これからは世の中のニーズは変わる。そのためにも市の財務状況をよくすること、そのために不要な財産を処分、変えたいところは変える、これは行政も企業でも共通の問題で後継者には負担は軽くしたい思いはある。鈴木さんの今後考えていきたいことは、駅を中心にコンパクトシティ、住みやすい街、そのために行政と中小企業のつながりを強化していきたいとのことでした。
同友会とのかかわりは、異業種の集まりなので本人は後継者に参加させたいのですが、反面まだまだ自分の勉強になり、会員の考えも市政の活動運営には欠かせないのでこれからも俺が出るとのことでした。
今後、二本松市を活性化するために鈴木さんの活躍に期待したいと願っています。今回の例会は30名の参加者でした。早くコロナ禍が収束し、また今回のように大勢の会員が参加できることを願っています。

鈴木一弘さん

鈴木一弘さん






本ホームページに掲載されている文章、画像等の一切の転用はかたくお断りいたします。 Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.