HOME地区一覧喜多方支部活動報告 > 活動報告詳細

活動報告詳細

● 今後の米穀業界を考える ~生産者と卸業者のありかた~
  報告者 ㈲中野商店 代表取締役 中野博正氏

(2021/03/03)

1月21日に臨時総会と例会が開催されました。臨時総会では、県の規約改正に伴う喜多方地区規約の一部改正と次期役員選出の議案が可決承認されました。その中で、次年度支部長に小椋辰也氏が任命され、次年度体制が本格的にスタートしていくこととなりました。
例会では、喜多方で米穀農材販売業を営んでおります、中野社長にお話をいただきました。同友会の報告マニュアルに沿った内容で、本人の生い立ちから始まりました。子供のころはなに不自由なく育ち、高校生の頃は自宅に友達が入り浸る毎日だったそうです。専門学校を卒業後、浪江町にある同業の会社に就職をし、数年後、帰省して家業に入ることになります。浪江町で務めた経験もあり、農材関連の業績も大きく変わっていきます。
話のなかでは、会員でも話すのに躊躇してしまうような、裏話や先代のことなど、詳しく書くことはできませんが冗談交じりで話していただきました。話を聞いていると、順調に業績を伸ばし、常に右肩上がりの経営状況のようにも受け止めましたが、やはりお米を扱う難しさもあるようです。そんな中でも常に前向きに物事を捉えられることは経験者ならではと感じたしだいです。
最後にお米に関するクイズを出題していただき、6問以上正解した5名の方に中野社長からお米の景品もいただきました。

中野博正さん

中野博正さん






Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.