HOME地区一覧相双地区活動報告 > 活動報告詳細

活動報告詳細

● 原発被災地から立ち上がる若き群像② ~地域とともに歩む…やがて燎原の火に~
報告者 ㈱小高ワーカーズベース 代表取締役 和田智行さん

(2017/04/12)

2 月17 日(金) 2月17日に南相馬市の相馬ガスエネルギーホールにて、相双地区の臨時総会と2月例会が開催され、臨時総会では渋佐会長の来期の続投が満場一致で承認された後、例会に移行しました。今回の例会は、3月に行われる福岡同友会での経営体験報告発表のリハーサルも兼ねていました。原発事故で20キロ圏内の避難区域となった小高区で解除直後の住むことが出来ない時期から、地域再生を目指した様々な取り組みの報告がありました。
除染作業の人達に温かい昼ごはんを食べてもらおうと始めた「おだかの昼ごはん」という食堂は、地元住民が立ち寄る交流の場となり、町に活気を取り戻すきっかけになり、黒字で終了したそうです。
また、ガラス工房のライセンスを取得し、技術を習得する講座を開き、女性が短時間でも働ける職場を創ったという報告もあり、出席者からは「一つ一つの課題、要望をビジネスに変え、若者が働く意欲、働き甲斐のある地域を創造するワクワク感が伝わった」「発想の転換が素晴らしく、良い刺激とヒントが得られた」などの感想が、数多く寄せられました。

相双地区ニュース△和田智行さん






Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.