HOME地区一覧白河支部活動報告 > 活動報告詳細

活動報告詳細

● 後継経営者が語る経営指針の 成文化と実践
~経営指針の実践で自分が変わり、企業が変わる~
  報告者 光栄電気通信工業㈱ 代表取締役 鴫原健太郎さん

(2020/07/08)

5 月14 日(木) 大学卒業後、東京でサラリーマンの道を歩み始めますが、2007年、会社を継ぐために入社。社内建て直しまでの道のりをお聞きしました。
鴫原さんは、後継者として地元郡山に戻ってくる際、「社長になれる!安定した生活が送れる」と思っていたそうです。しかし、待ち受けていた現実は、真逆のもの。職場環境の悪さ、経営状況もギリギリ、倒産危機にまで陥っていました。このままではいけないと、同友会後継者塾への入塾を契機に、事態は改善していきます。会社内容が悪化しているのは、社員ではなく社長が悪いと感じ、決算書の見方から徹底的に自分を律しました。
2015年、社長に就任。ビジョンや理念をはじめとする経営指針の策定。これを基盤に経営基盤の強化を図り、既成概念なく、社員目線でも経営を強化できるようになっていきました。今では、社員研修が強化され、マニュアル本まで存在します。社内環境も休憩室や掲示物など細部に渡って、働きやすい環境が整っていると感じました。当初は社長主導だった意見もいつしか、社員主導へと変わっていきました。
本当は、映画監督をやりたかったと話す鴫原社長。社員をどう生き生きと映していくかという観点においては、経営手法も近いものを感じました。人生経験に無駄なし、まさに鴫原さんの人生そのものだと感じました。

同社の経営指針発表会の様子

同社の経営指針発表会の様子






Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.