HOME地区一覧相双支部活動報告 > 活動報告詳細

活動報告詳細

● 想像の創造化サービスを 展開し続けるわけとは
 ~モノづくりを通して伝え続けていきたいこと~
  講師 今野梱包㈱ 代表取締役社長 今野英樹氏

(2021/09/08)

7 月13 日(火) 相双支部の7月例会は、今野梱包㈱代表取締役社長 今野英樹氏より、自社事業の経緯と信念を報告して頂きました。
今野氏の会社は、段ボールを活用した梱包資材店です。その梱包資材店が、東日本大震災で多くの方に感謝される会社になりました。それは、強化段ボールを加工して、被災した校舎に下駄箱や仕切り板を組み合わせて仮設の教室を作ったのです。これは、今野氏がブレずに「面白い」と思った事をトコトン続けた結果、地域にお役立ちして、自社事業に繋がったと終始一貫して熱く楽しく伝えていただきました。
私は「信念を貫く強さがあった」事と「自分を信じ続けた」のだと思いました。人間は弱く、何かのせいにすると楽になります。しかし、今野さんは一貫して、自分を信じて進みました。「仕事は頼まれごとがあってから引き受ける」と申していました。強い!自信が無くては出来ない事です。代名詞の段ボールで作られたランボルギーニのレプリカ名称「ダンボルギーニ」を作成したのは、信念+挑戦だった様です。
今回の例会では「自分で決めたことは、信念を貫き、常に向上心を持つ」これは事業や経営に必要な心構えになると感じました。経営指針を創る会で腹落ちし、ブレない理念を作成した経営指針書を新たな視点で見返す事ができた、良い例会でした。

今野英樹氏

今野英樹氏






本ホームページに掲載されている文章、画像等の一切の転用はかたくお断りいたします。 Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.