HOME地区一覧喜多方地区活動報告 > 活動報告詳細

活動報告詳細

● 福島県中小企業家同友会  創立 40 周年記念大会へ合流

(2017/04/12)

2 月24 日(金) 喜多方地区2月例会は創立40周年記念大会に参加することでした。第1部では、「2030年へ向けて、今、私が伝えたいこと」と題して、気候の変動の影響、大規模な災害や農作物の不作、雇用喪失、貧困悪化による都市への人口流入は、格差拡大と貧困の悪化をも招きテロ組織の拡大にもつながると考えられているとのことでした。2015年に国連において「持続可能な開発目標」が採択されました。その内容についてのご説明とこれからの中小企業における環境経営の推進の重要性についてご講演いただきました。県内企業は原発事故の当該地であり、復興と発展を目指した環境経営の先進的な知識と経験が豊富な事から、チャンスが多分に存在すると感じました。 第2部の記念式典では千葉理事長のご挨拶の中で、新たに発刊された「経営指針成文化と実践の手引き」のご紹介、会員企業による経営指針の成文化の推進とさらに会員拡大にも活用できるとのご提案もありました。功労者の表彰では歴代理事長の方々の表彰があり、特に、24 年間理事長で、その後も15年間会長をお務めになられた故丹治一郎氏の功績は大きく改めて敬意を表すと共にご冥福をお祈りいたします。来賓祝辞では中同協会長の鋤柄 修氏や福島県知事の内堀正雄氏によるご挨拶を賜りながら盛大に執り行われました。 第3部の懇親会ではDVDの映像を皮きりに、アトラクションもあり大変賑やかで活気ある懇親会でした40周年という一区切りの年を迎えるにあたり、原点回帰と向こう5年間の中期ビジョンによる更なる進化のための団結の意思が全面に表れた大会であったと感じました。私たちは「不易流行」を合言葉に次世代に向けた新たな発展のためのスタートラインに立っているのだと思いました。 喜多方地区ニュース△千木良会津エリア長より挨拶






Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.