HOME地区一覧あだたら支部活動報告 > 活動報告詳細

活動報告詳細

● 私の半生とこれからの未来
  報告者 ㈲清和産業 代表取締役 丹野喜美子さん

(2021/09/08)

7 月27 日(火) 農家に嫁いだ丹野喜美子さんは、結婚当初、農業特有の慣習と閉鎖的な集落環境に苦労されたそうです。ご主人が建設クレーン事業を独立開業し、多忙ながらも二人三脚で会社を成長させてきました。その様な中ご主人が突然病に倒れ、何年にも亘る付きっ切りの看護をされながらの経営は、他人には分からないご苦労があったことと思われます。
丹野さんはご主人亡き後、従業員とその家族を守るため、覚悟をもって経営に挑みます。特に仕事で心がけていることは従業員への気遣いだそうです。日々のコミュニケーションを大切にし、現場には口出しせず従業員に全幅の信頼を置いて任せることが、相互の信頼関係になっているのでしょう。その様なスタンスの会社経営が取引先との信頼にも繋がり、遠方の取引先からも直接指名される程に仕事の幅を広げています。
経営において大変なのは、重機の購入費用とその維持コストで、車両によっては購入費が約3千万円~1億円にもなり、車検費用も100万円程度が当たり前だそうです。また、同業他社との価格競争もあり、受注単価を思うように上げられないことも経営面の難しいところだそうです。
主に男性社会の建設業界で、女性が社長として経営を引き継ぐには、人知れない努力と周囲への相当な気配りが必要であったと思われます。
また、役員報酬を減額してまでも、少しでも従業員に還元したいという心遣いにも感銘を受けました。いつも穏やかな表情の丹野さんですが、芯が強く気丈な一面が経営を支えているのだと実感した次第です。

丹野喜美子さん

丹野喜美子さん






本ホームページに掲載されている文章、画像等の一切の転用はかたくお断りいたします。 Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.