HOME地区一覧相双地区活動報告 > 活動報告詳細

活動報告詳細

● 野馬追の歴史に学ぶ会 ~事業を通じて地域の元気を創造する~

(2017/09/07)

7月30 日(日) 武士道を受け継ぐサムライ達の物語――相馬野馬追は、相馬三社である中村神社の出陣式に始まり、雲雀ヶ原祭場地甲冑競馬・神旗争奪戦が繰り広げられ、最終日は、神の馬を奉納する「上げ馬の神事」野馬懸をもって、相馬地方の平和・安寧・繁栄を祈願し幕が閉じられます。国の重要無形民俗文
化財であり、福島県を代表する祭典です。先祖伝来の甲冑を身にまとい、色鮮やかな旗指物を背に、凛とした武士の雄厳な姿で本年も440騎が出陣しました。
7月30日、同友会相双地区では恒例により「野馬追の歴史に学ぶ会」を開催しました。福岡同友会の皆様・郡山地区・いわき地区・相双地区の会員及び関係者の皆様方約150名の参加を頂きました。午前9時に受付開始、北洋舎クリーニング本店・楽房たからの前に特設観覧席を設け、雲雀ヶ原祭場に向かう、お行列を見学。威風堂々たる五郷の武士の姿を語り手の説明を受けながら見入っていました。
美味しい昼食会後、祭場地に移動し、本祭りのメインイベント、甲冑競馬・神旗争奪戦を観戦しました。熱い視線を注ぐ観衆の一部となり、祭場の彩りと化していたでしょう。
前日迄の雨天さえよそに「これぞ野馬追天気」という素晴らしい一日でした。前日からの準備・片付けのご協力を頂きました、相双地区会、関係者の皆様お世話になりました。
来年も又、相双地区恒例のイベントへ是非お越し下さいます様、お待ち申し上げます。

相双地区▲勇壮な戦国絵巻でした






Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.