HOME支部一覧須賀川支部 > トップページ -----

須賀川支部


2019年度 同友会須賀川支部活動方針
●メインスローガン
『「同友会を活用し 企業の未来を創造しよう」 

須賀川支部 活動報告

2 月26 日(金) 令和3年2月。新型コロナウイルスの影響はもはや語るべくもなく。須賀川市に漂う暗い空気も益々濃度を増すばかり。地方都市において経済活動が滞るとどうなるのかを、その身をもって体感させられています。
しかし我々はそれでも前へ。目の前に鋭いトゲが十重二十重であろうとも、素手で掻き分けねばなりません。…とは言うものの、先立つものがなければ出血多量で倒れてしまうのが現実。そこで我が会長が例会を企画。須賀川市役所の課長職を会場にお呼びし、多々ある補助金に関して質問を投げかけ、具体的な活用法を探るというもの。より実践的に。否、「実戦」を数多く経験している会長であればこそのリアルな例会となりました。 ⇒ 詳しくはこちら

須賀川地区ニュース△企業経営者の実情をもとに、意見交換を行いました

2 月4 日(木) 令和3年1月。新型コロナウイルスの牙は以前よりも鋭さを増して須賀川に突き刺さりました。毎日のように流れる〝陽性者数〟ニュースの中に、須賀川市の文字が頻発。 ⇒ 詳しくはこちら

須賀川▲Zoomの利便性を改めて実感
ひとこと発言 望年例会(2021/02/02) 

12 月17日(木) 須賀川地区12月例会は新型コロナ感染対策を徹底し、グランシア須賀川で開催。時間も1時間少々と短く設定し、制限のある中での実施でしたが、その分、参加者の皆さんの熱意ある発言と共感できる話題が披露され、中身の濃い例会となりました。 ⇒ 詳しくはこちら

須賀川地区ニュース△おしゃべりマスクを持つ参加者たち

11 月26日(木) ふう… 心地良い疲労感(主に脳)に包まれながら終えた須賀川地区11月例会。3ヶ月連続開催の3回目、㈱メディアパワー吉田社長からの最後のワークでした。 ⇒ 詳しくはこちら

▲なりたい自分をイメージします

10 月22日(木) 3ヶ月連続開催、その2回目。前回は「自分の価値観を見直す」というテーマ。今回は「人生のビジョンを考える」という自身のなりたい姿・人生の明確な目的を探るのが目的です。 ⇒ 詳しくはこちら

須賀川地区ニュース△ワークに取り組む参加者の様子

9 月28 日(月) 3ヶ月連続開催と銘打った、須賀川地区9月例会。その報告者は㈱メディアパワー吉田社長その人。この方と同じ時期に須賀川地区へ所属できた事、幸運の至りと言う他ありません。 ⇒ 詳しくはこちら

須賀川▲吉田尚広さん

お盆直後、須賀川でもコロナ感染者が相次いで発生。それに伴い8月の例会も中止に。かねてより予定していたものの、前述の理由等から伸び伸びになっていたある方の例会がまたもや先延ばしという結果に、会員一同肩を落としています。 ⇒ 詳しくはこちら

須賀川△今後も団結して挑みます

7 月30 日(木) 7月例会は荒牧建設㈱の荒牧陽一さんと松本建設工業㈱の松本新太郎さんの2名を新たに迎え、タイトル通りの 「新会員 ウェルカム例会」は味戸会長の朗らかな挨拶から始まり、新会員の紹介が行われました。 ⇒ 詳しくはこちら

須▲新会員を交えてのグループ討論

6 月19 日(金) 須賀川地区6月例会は実に2か月ぶりの開催、しかも今回は会場に集まれない方も参加できるようTV会議「Zoom」も活用した初の試みで実施しました。 ⇒ 詳しくはこちら

須賀川地区ニュース△コロナ対策をした例会の様子

前回の集まりが遠い昔のように感じるこの頃、須賀川地区でも2カ月ぶりの理事会が開催されました。 ⇒ 詳しくはこちら

須▲Zoomを使用した例会のリハーサル模様

須賀川支部 行事予定

2020年4月13日

                           福島県中小企業家同友会

   須賀川地区会長 味戸雄二郎

 

新型コロナウィルス感染症の感染の広がりが続いています。

こうした中で、現在は感染拡大を食い止めることが最大の課題となっています。先日の地区理事会において、慎重に検討した結果、4月の地区例会については開催を見合わせる事としました。会員の皆さんには、自社の周りから感染者を出さないことを第一としながら、自社の存続に全力を傾けていただきたいと思います。

今月の地区例会は開催できませんが、同友会須賀川地区では、会員企業を存続させ、社員と地域を守っていくための活動を行っていきます。同友会組織活動支援システムe.doyuやメール・FAXなどを活用しながら、会員の皆さんの企業存続のための情報発信・情報交換を進めて参りますので、決して一人で悩まず、同友会の仲間と共に、知恵と力を出し合いながらこの難局を乗り切っていきましょう!

 

◆最新情報の入手や仲間同士の情報交換に・・・・e.doyuを活用下さい

企業を守るための様々な制度や施策が発表されています。最新の情報を入手し、適切に活用していく事が求められます。そうした情報は、e.doyuの掲示板等に随時掲載します。

合わせて、会員の皆さん同志の情報交換も可能です。是非、ご活用下さい。

https://fukushima.e-doyu.jp/

ログインのID・パスワードが不明の方は、事務局まで!

 

◆自社とそのまわりから感染を出さないようにしましょう!

感染者が出た場合には、事業所の閉鎖や関係者の自宅待機などによる直接的な影響は勿論、取引先やお客様、地域からの信頼が崩れてしまう可能性があります。身近なところから感染者を出さないために、「手洗いの徹底」・「3密を避ける」といった基本的な事項を徹底しましょう。消毒用のアルコールの代替品として、次亜塩素酸は比較的入手しやすくなっています。ご希望があれば、わたくし味戸までお問い合わせ下さい。

 

◆一人で悩まず、まず相談を!

同友会のネットワークは勿論、地域の商工会議所等にも様々な対応窓口が設けられています。お困りのことがございましたら、どうぞ遠慮なさらずに地区役員や事務局までご相談下さい。仲間の知恵のネットワークを利用しましょう。

また、先日の須賀川市での対策会議に同友会代表として出席した際に、社員を休ませる場合に休業手当の一部を市独自に補填する制度の提案を行いました。今後も必要に応じて行政への提案・要望も進めていきますので、そうした提案・要望があれば是非、お寄せ下さい。

 

           福島県中小企業家同友会

        須賀川地区会長 味戸雄二郎

                   事務局(電話024-934-3190)su

su




Copyright © 2014 Douyukai. All Rights Reserved.