〝従業員の幸せ〟と 〝企業の永続〟を目指して
~中小企業の多角化戦略としての「M&A」~
講師 磐栄ホールディングス㈱  
      代表取締役 村田裕之氏

11 月17日(木) 義父である社長から誘われて副社長として勤務することになった村田さん。2002年から社長となり、経営を任されるようになりました。そんな中、リーマンショック、東日本大震災の影響で売上が落ち込んでいます。この状況を打破しようと初めに取り組んだのが県外の拠点展開で、徐々に売上と人員が伸びていきました。それから初めての同業である運送会社との友好的M&Aを成功させ、その後は縁がつながり次々とM&Aを成功させていきました。今や運送業だけにとどまらず、太陽光発電事業、農業、観光業など様々な業種を取り入れ、この8年で事業会社は2社から54社、年商は20億から260億、社員数は210名から1,800名と急成長しています。この多種多様な事業を経営理念『常に顧客満足度の向上を追求します』『社員の幸せを実現します』『地域発展に貢献します』に共有、浸透させながら力強い経営に取り組んでいるそうです。
 例会参加者からは「バイタリティーを感じた」「M&Aの動きと熱量が伝わった」「地域貢献や環境への取り組みなど大変勉強なった」等、たくさんの声が聞かれました。社員を守る覚悟を持ち、常にチャレンジ精神を忘れずに、そして何よりも楽しく経営に取り組む村田さんの経営実践から多くの学びを得ることができました。