健全な経営は健全な身体から!
~自身の健康管理を意識しよう~

8 月19 日(土) みなさん運動はしていますでしょうか?健康管理はできていますでしょうか?喜多方支部8月例会では「健全な経営は健康な身体から!」をテーマに定期的な運動が身体に与える良い影響と、健康の大切さを再認識することを目的とし、福島県内初の厚生労働大臣認定の運動施設である「健康増進館きらら」さんの会場をお借りし、インストラクターさん3名にご協力していただきメディカルフィットネスを体験致しました。
 まず、開始前に全員「身長、体重、体脂肪、血圧」を測定し、その後ストレッチ、有酸素運動、筋トレを行いました。いつもの例会では聞くことのない悲鳴が飛び交い私自身も運動不足を痛感致しました。自分の健康状態を数値化することで、自分の身体への無関心さに気付かされ、日頃の健康管理への意識も変わりました。また、社員の健康管理を意識する事は仕事が円滑に進み、結果「会社の向上」に繋がる事なのだと思います。社員の健康管理は会社の義務ではないでしょうか?自身のみならず、会社としての健康管理だということの大切さを見直す良い学びとなったのではないかと思います。
 多忙な日々の中、健康あっての仕事。仕事ができる喜びを感じながら日々精進したいと思います。めざせ「健康経営」!!