我社の社員共育に定義なし!
   心と規律と自由があればいい
~100周年を目の前にして我社の歴史
     と歩み、そして私!~
報告者 沼田重一さん
  高田産商㈱ 代表取締役 

 同友会白河支部の11月例会は16日、『我社の社員共育に定義なし!心と規律と自由があればいい。~100周年を目の前にして我社の歴史と歩み、そして私!』と題し、当支部副支部長の高田産商㈱代表取締役・沼田重一氏にご登壇をいただきました。
 例会では、沼田社長の本当は触れられたくない(?)ご自身の過去を暴露することからスタートし、とても和やかな雰囲気の幕開けとなりました。
 その後は長年の経験と実績をもとにユーモアを交えながら、規律(ルール)の徹底と心の自由という、一見、相反する社員共育方法をうまくコントロールしながらバランスよく社内に浸透させ、それを企業風土として継承していくという、その熱意と心にとても感心させられました。
 また、沼田社長が最も大切にしている会社経営のエッセンスは、コミュニケーションであることを強調され、社員と向き合う姿勢に沼田社長の誠実なお人柄が垣間見えた、学ぶべきことが凝縮されたとても貴重な例会でした。