日本一になるための社員共育

報告者 ㈱八幡屋 代表取締役社長 渡邉武嗣さん(郡山支部)

 同友会白河支部の8月例会は11日、『日本一になるための社員共育』と題し、㈱八幡屋 代表取締役社長・渡邊武嗣さん並びに女将・裕子さんにご報告をいただきました。
 例会では、冒頭に女将から現場共育プロジェクトとして、お客様第一主義と社員第一主義の二本柱を目標に掲げ、「会社は社員を幸せにするので、社員はお客様を幸せにしてください」という社員との約束と八幡屋スピリッツについてのお話をいただきました。
 その後は渡邊社長から、母畑温泉の歴史と八幡屋が乗り越えてきた様々な困難から学び得た「企業は人なり。人の成長なくして会社の成長なし」という教訓があり、「社員が全力でお客様第一主義を実践できるように、社員満足度の向上と社内コミュニケーションの活性化を図り、社員一人一人が成長できる機会を生み出すことを社員共育の最大の目標に掲げています」と社員に対する熱い思いを話してくださいました。「日本一と言われることに、少し恥ずかしさを感じています。何か特別なことをやっているつもりはないんですが」と控えめで実直なお人柄が「おもてなしの心」を支えていることが実感できた、学びの多い素晴らしい例会となりました。