第32 回会津若松市長を囲む懇談会

 10月21日、中小企業家同友会会津支部としての令和4年度の政策提言書を市長に提出し、11月16日、ルネッサンス中の島において、市長を囲む懇談会を開催しました。
 懇談会には会津若松市側より10名、同友会側から30名の参加がありました。
 主な政策提言テーマ10項目あります。①次代を創る子供達の育成について②会津若松市独自の介護人材創出について③地元中小企業への新規卒業生の就職について④子どもへのコロナワクチン接種とワクチン後遺症への対応について⑤アフターコロナの観光戦略について⑥農業の活性化について⑦伝統産業・食と農連携について⑧Youtubeを活用した情報発信について⑨未来を見据えた魅力ある都市基盤の整備について⑩会津若松インターチェンジ周辺の市街化調整区域開発抑制緩和について会津若松市担当職員より回答いただきました。今年の市長懇談会は、コロナ禍を踏まえ、例年行われていた懇談会後の中で行われていた懇親会は自粛とし、これまで懇談会懇談の中で行われていた意見交換会を行ないました。例年にも増して活発な意見が出され今後の政策提言活動につなげることが出来ました。
 今年度も、会員の要望や意見、思いを政策提言としてまとめることができました。何事も継続して取り組んでいくことの大切さを実感することができました