経営指針の成文化に取り組み、 拓けた未来のわが社と地域

 ㈱押田製材所 代表取締役 押田洋平さん(白河支部)

4 月20 日(水) 白河支部の押田洋平さんより報告をしていただきました。同友会という団体に出会い、経営指針を創る会に参加したことで、父親から引き継いだ製材所の会社の未来がはっきりとイメージできただけでなく、すごいところはそれを社員全員に浸透させ、しっかりと理解してもらったことだと報告を聴いて思いました。
 個性も考え方も違う社員へ同じ方向を向かせることに成功したのは、一人ひとり丁寧に面談し向き合うことで、その意見も吸い上げ自分の創った経営指針にエッセンスが加わり、全員と共有できる押田製材所オリジナルの経営指針ができたからではないでしょうか。改めて会社の進むべき道や将来の会社のカタチは経営指針や経営方針の言葉に込められているということを本例会の報告で感じることができました。
 自分の住む地域を元気にしたい、そして何より働いてくれる社員を大切にしたい。押田社長の想いが会社の中で形となり成果として数値に現れていることは、同年代の経営者としてとても刺激になり参考にもなりました。押田社長の持ち前の明るさと行動力、そして経営指針は必ず会社だけでなく押田製材所の根付く街を元気にしていくことでしょう。その姿がはっきりと見えた4月例会となりました。