経営者交流大会への参加

11 月25日(金) 田村支部11月例会は経営者交流大会への参加でした。
 昨年会津若松市と連携協定を締結した㈱良品計画営業本部の3人と、会津支部の3人との記念パネルディスカッションでは、「土着化」をスローガンとして企業が地域社会と共生し、地域社会の発展と地域経済の活性化に積極的に関与していく方法などについて、㈱良品計画が実際に行って成功しつつある千葉県での例などを挙げてもらいながら、会津地域の伝統産業や都会と地方の関わり合いなどについて、いろいろな意見交換が行われました。生の人間同士の交流が、共感や新しいアイデアを生み出し、革新が起こせるではないかと感じられる、ちょっとワクワクするようなお話が聞けました。
 続いて分科会ですが、私は第5分科会に参加しました。ほまれ酒造㈱の工場見学では会津のお酒の魅力を再確認するとともに、ほまれ酒造さんが約20ヶ国に輸出しているお話や、醸造酒の中で日本酒はアルコール濃度を高く出来るお酒である一方、アルコール濃度の低い日本酒を造ることが難しいという技術的なお話も聞けました。
 唐橋ユミさんの講演では、サンデーモーニングの裏話や人の話を聞くときの心構えなどのお話が聞け、試飲とショッ
ピング、会場に戻っての報告、そして懇親会と、盛りだくさんの内容で、心も体もお腹いっぱいになる事が出来ました。