野馬追の歴史に学ぶ会

7 月24 日(日) 皆さんご存知ですか?野馬追武者行列を横切り横断してはいけないことを。しかし、唯一許しを得られる職種が産婆でした。緊急度が高く、もしもの事があった場合、国を将来担う人材が途絶えることを未然に防止する政策だったと推測されます。企業であれば、人材を育てることが重要なのと同じでしょうか。
 そして野馬追は軍事演習です。闇雲に戦いを挑むことより、いかに戦略を立てて大切な生命と時間を無駄にすり減らすこと無く、小粒の布陣でもピンポイントで攻めることにより、武隊が優位性を発揮します。
 相馬野馬追は1000年以上も脈々と伝承されています。500騎も連なる勇士は壮観で迫力があり観るものを圧倒します。
 そんな「野馬追の歴史に学ぶ会」を3年ぶりに開催しました。支部会員を中心とした交流の場であり、楽しみでもあります。北洋舎クリーニング前で解説を聞きながら学ぶお行列の見学、雲雀ヶ原で繰り広げられる壮大な神旗争奪戦の見学と、改めて地域の伝統である野馬追を学ぶ機会となりました。野馬追が続く限りこの事業は続いていくことでしょう。
 皆様、暑い中ありがとうございました!