須賀川支部4 月例会

超縮小市場の中で挑んだ世界線
~唯一無二の中小企業を目指す、新たなチャレンジ~
報告者 山吉 隼人 さん
(株) 山吉 代表取締役 〔郡山支部・元後継者塾代表塾長〕

報告者プロフィール ・・・1979年 昭和54 年 生まれの44歳。都会の会社に勤務していた24 歳の時、拉致同然の強制送還により郡山に戻り、父親の経営する 有 山吉に入社。
郡山の生マグロシェアの9割を達成し、持ち前の明るさで順調に経営をしていましたが、震災により、会社を一時解散せざるを得なくなります。その後、何とか経営を立て直してきた中で、今度はコロナ禍の直撃を受け売上4割減。あらゆることに取り組もうと試みるも、業界の外部環境の変化が著しく、世界的に生産現場である鮪漁船の廃業が続き、商材の供給自体がストップ。政府の支援もない業界で、東日本大震災以上に追い詰められた状況に陥ります。 生き残りをかけて取り組んだのは、10年ビジョンに掲げていた「計画」の実行。事業再構築補助金の活用事例と、経営理念にもある「魚食文化の担い手」として、一次産業を取り巻く現状と業界の常識を変えるべく想いを共有し、社員と共にチャレンジしている姿を報告します。

行事予定-新着トピックス




2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031